FC2ブログ

Home > 2008年07月

2008年07月

妻の節約

 書館で涼んできました。家では節約と省エネのためとかいって、妻が冷房を極力使わないよう、口うるさく家族に指示徹底していますが、今年の夏の暑さは尋常じゃないように思えます。

 妻の節約と省エネに対する徹底は、かなり細かく厳しいです。一例をあげると、うちではプロパンガスが高いので、4年前にオール電化に変えましたが、時間帯によって電気料金が異なるので、その利用時間を守らないと、妻の甲高いヒステリックな声が飛びます。
 利用時間による電気代は次のようになっています。(ハッピープランといいます。時期によって異なりますが、普通は定額約23円/kwだそうです。)
 AM10:00-PM5:00             最も高い(約26円/kw)
 AM7:00-AM10:00 PM5:00-PM11:00  普通(約20円/kw)
 PM11:00-AM7:00             深夜料金で最も安い(約9円/kw)

ですから、我が家はこの基準で、エネルギー消費をコントロールされています。お風呂も電気温水器を深夜料金で沸かして、保温されたものを使います。最初は息苦しかったのですが、慣れるもんですね。妻に聞くと、以前はガスと電気で約20000円/月だったのが、9000~12000円くらいになったそうです。

 ☆補足
調べたら、こんな資料を見つけました。妻の情報と少し違いますが、これの方がわかりやすいので、載せます。
オール電化


 前置きが長くなりましたが、とうとうパソコンを前に、汗びっしょりになってしまったので、図書館に逃げ込みました。
 静かで涼しくて快適ですね。暑さと不景気のせいで、図書館人口がかなり増えているように思います。1時間ほど勉強(英語ではなく木工関係)して、ついでに本を借りて帰ってきました。

 借りた英語関連の本
 ①日本まるごと事典 Japan at a Glance Updated 
 オンライン英会話の先生に日本のことを説明してあげようと思って借りました。Japan at a Glance Updatedというのも難しい英語ですね。どう解釈すればいいのでしょうか?
Sources of japanese pride(日本人の誇り)のところで、
1位:Public peace and order 
2位:Long history and tradition 
3位:Beautiful natural scenery 
4位:Excellent culture and art 
5位:Diligence and ability 
6位:High standard of edcation
 …などと書かれていましたが、この本は2001年の出版だったので、今は完全にこの意識は崩れていっていますね。
イラスト日本まるごと事典 【改訂第2版】 (講談社バイリンガル・ブックス)イラスト日本まるごと事典 【改訂第2版】 (講談社バイリンガル・ブックス)
(2001/05)
インターナショナル・インターンシップ・プログラムス

商品詳細を見る

 ②DHC完全字幕シリーズ パニックルーム
 パニックルームはDVDを持っているので、映画を見ながら読んでいこうと思います。
パニック・ルーム (DHC完全字幕シリーズ)パニック・ルーム (DHC完全字幕シリーズ)
(2002/05)
DHC、

商品詳細を見る

 ③そんな英語はありません
 私がよく間違うような表現が紹介されていたので借りました。
そんな英語はありません (Nova books)そんな英語はありません (Nova books)
(2004/06)
小林 薫

商品詳細を見る

 ④あ・うん
 英語本ではありませんが、私の大好きな作家のひとりなので紹介します。とにかく表現力が素晴らしい。女性ならでは文章で、やさしく、美しく、キメ細やかな表現は類を見ません。こんな文章が書けたらといつも思います。
あ・うん (文春文庫)あ・うん (文春文庫)
(2003/08)
向田 邦子

商品詳細を見る


 日のブログで紹介した10 important things to look for in a communityの中のlook forの訳で、「期待する」という意味があることを書きましたが、nappuさんも知らないとコメントされてましたし、妻も知りませんでした。私が調べてそう解釈したんですが、間違いないと思います。


現在、私が受講中のオンライン英会話スクールです。English Teachers On Call
週に1~2回レッスンを受けています。

朝方のレッスンしました

 週からは、ログハウスの棟上の手伝いで忙しいのですが、今週はゆっくりしてます。今日も、朝方のレッスンを受けました。オンラインは気分次第でレッスンを受けれるのがいいですね。

 今日は、Zai先生の空きがありましたので、前回の続きをお願いしました。30分前に予約を入れなければならないのですが、予約を入れた後に、skypeのchatで、確認のためにこの日のレッスンの内容を連絡します。UNIT8の"How do you like the neighborhood?"で、There is(there's), There are, one, any, someを使った表現です。
 Are there any restaurants on Main Street?
 No, ther aren't. But there's one across from the King Plaza Hotel.

などの作文を準備して答えました。実はfromを忘れていて、注意されました。

 このパターンは理解できたのですが、街で道を尋ねられたときの対応が一番困ります。皆さんも経験ありますよね。

「~の通りの角を右に曲がってしばらく歩くと、信号機がある交差点に出ます。この交差点をさらに右に行くと~とう名前の喫茶店がありますので、そのすぐ横の細い道を左に行って、そこから歩いて1分ほどのコンビニの隣です。」

などと、英語でかっこ良くきめたいと思いますが、これを英語で分かりやすく、無駄のない言葉で、順序だてて説明することができません。この説明の仕方を、何とか先生に教えてもらおうと思うんですが、それを説明することができません。これを、どうにか克服したいので、絵を準備して、お願いしようと思います。

 このあと、道を尋ねられたときの、useful expressionsで
 ・Sorry I don't know.
 ・I'm not sure, but I think …
 ・Of course. There's one …

での答え方を練習しました。でも、先ほどの答え方を何とかしたい。

 次に、"10 important things to look for in a community"という統計データを見て会話するというレッスンに移ったのですが、Zai先生に
 What is the most important thing to look for in a community?
と質問されて、どう答えて良いのかわかりませんでした。実は、10 important things to look for in a communityという意味が理解してなかったのです。
「社会で探すための10の大切なこと」?????
この意味が全くわかっていなかったのです。ああ、恥ずかしい。
「地域社会に期待する10の重要事項」
だったんですね。look forは探すとしか意味を知りませんでした。

 ここで、Time up(これも和製英語でした。Time is up. が正しいです)となりました。道を尋ねられたときの答え方は、何とか克服したいと思います。

 余談ですが、Zai先生、とても美人なんで、気になる方はeTOCのHPチェックしてください。私のブログを見てられる方は女性ばかりなので、興味ないですよね。つい誰かモデルのポスターかと聞いたんですが、本人でした。


 日は、旧勤め先の仲間と、夕方「バドミントン」をします。私は週1でバドミントンをしています。私はスポーツは昔から苦手でしたが、唯一バドミントンだけは若い連中とも同レベルでやれます。バドミントンは男女の力の差が出ないので、男女が一緒にやれるという楽しいスポーツですよ。
 退職祝いにもらったバドミントン用のトレーニングウエアです。お気に入りです。もう一枚、寄せ書き入りのウエアももらったんですが、恥ずかしくて着れません。
T-shirt




現在、私が受講中のオンライン英会話スクールです。English Teachers On Call
週に1~2回レッスンを受けています。

朝のレッスン

 かけるには暑いし、時間が空いていたので、朝から予約をいれてSahlie先生とレッスンをしました。前回 How are you? って挨拶されたら、 true feelings で答えなさいと言われましたので、
 I get tired because of the summer heat.
 It's a boiling hot day and rainless for a week.

などと答えました。でも、言うことを用意して答えたので、深いことを突っ込まれると受け答えに戸惑ってしまいます。このあと、どんな会話をしたか、聞き取れないところが多くて紹介できません。

 今日は、家族について説明するという練習をしました。テキストに入る前の雑談の流れから、私の家族のことを聞かれ、いつの間にかテキストに移っていくという、上手な教え方だなあと感心しました。本当によく理解できました。(簡単な内容だったのですが)

娘が東京に住んでいるという話をして、
 How far is Tokyo from your place now?
新幹線で2時間くらいというと、とても近いと言われました。フィリピンでは2時間くらいは近い距離らしく、3~4時間はバスでも平気で移動するらしいです。運賃が安いからでしょうけど。

私のelder brotherの話になり、
 What dose your brother do?
と聞かれましたので、
 He is a electrical engineer.
と答えると、
 Succesful !
とchatで返ってきました。日本はハイテクの国だから、日本で技術者をやっていということは成功していることではないかと言われました。これについて「違うよ」ということを説明しようと思ったのですが、時間を気にして、返答はしませんでした。私は30分のレッスンでも疲れるので、これ以上は予約したことはなかったのですが、今日は1時間やってもいいかなって思いました。
 
兄の妻、つまり義理の姉のことは、
 sister-in-law
って言うんですね、知りませんでした。
彼女は何をしているのか聞かれましたので、
 She doesn't work.
と答えると、
 plain housewife
 household chores
っていうchatが返ってきました。plainは単純な、シンプルな、choresはこのままで、家事って意味なんですね。単なる主婦ってあまりいい言い方ではないような気がしましたが、家事は忙しくて、たいへんだとフォローされていました。

アメリカ人は自分の息子に…,Jr. と名前をつけることがあります。
 Like father, like son.
って聞いたことあると質問されました。何となくわかる様な気がしたので、「知っている」と嘘を言ってしまいました。でも何となくはあっていました。似た者親子、蛙の子は蛙ってことですね。


彼女は自分からよくしゃべるので、あっという間に時間が過ぎます。明るくて楽しい先生です。




 日も天気がよかったので、思い立って1か月前に漬けた梅干しを干すことにしました。家でできた梅で、貧弱な小梅です。私、家庭菜園もやっています。上の黒っぽいのは色付けでいっしょに漬けている赤紫蘇です。カラカラにしてミキサーで粉砕すると、いわゆるふりかけの「ゆかり」ができます。
ume




現在、私が受講中のオンライン英会話スクールです。English Teachers On Call
週に1~2回レッスンを受けています。

これからのこと

 51歳で退職して、これからどうしようかと、具体的な人生計画をたてておりますが、明確な方向性はまだみつかっておりません。第一は仕事ですが、決めていることは自分が本当にやりたいことをやっていくということです。

 私は、人生は60分ドラマと同じと考えてます。このことは、30歳くらいの時に考えていたことですが、この間テレビで島田紳助が同じイメージを持っていてびっくりしました。人生のピークというのは35~40歳くらいで、50歳はそれまでの人生の結果が出る一番大事な時期。ここで終わってしまえば、予告編を迎えて60歳で完結。ですから、人生の転機は50歳なのです。この時点で、どう方向転換するかで、このまま60歳で終わるか、スペシャルの90分ドラマに延長されるか、決まると思います。

 私は、高校生の時、初めて葬式というのを経験しました。大好きなおじいちゃんでしたが、おばさんや、母親はちょっと厄介に思っていました。近所で、家族の悪口や愚痴を言ってたみたいです。そんな、おじいちゃんは85歳なのに、毎日田圃や畑に行って、病気もなくとても元気なおじいちゃんでした。そんなおじいちゃんが、ある日自転車に乗っているときにこけて、用水路に落ち、そのまま動けず、近所の人が見つけてくれた30分間水に浸かったままでした。時期は8月頃だったのですが、この事故で風邪をひいてしまい、寝込んでしまいました。
 危篤状態になったという連絡を受けて、私の家族は1時間かけて駆けつけました。その夜、おじいちゃんは亡くなりました。9月4日のことです。母親とおばさんは、本当にまるで子供のようにわんわん声をあげて泣いていました。
 次の日お通夜、そして葬式を迎えました。段取りや、周りの親戚たちの様子が、まるっきり映画の「お葬式」の通りだったことを思い出します。火葬場の裏で親たちが、窯を覗いていました。その頃にはみんな落ち着いて、笑いがでていました。その夜は、いとこやおじさんたちはマージャンをして、久しぶりの再会を楽しんでいました。
 この出来事は、今でもくっきりと覚えています。おじいちゃんは皆に愛されていい人生を全うしたなあと思いました。ほんとうに幻想的で美しい1週間でした。

 この時私は、85歳まで生きようと決心しました。長かったですが、私は死ぬ直前まで働き続けて、85歳まで元気に生きると決めていますので、60分ドラマで終わらせるわけにはいかないのです。これが、51歳で退職した理由です。益々息苦しくなってゆくだけの仕事に熱意を失ったことも大きな原因のひとつです。そんな深い人生計画にも関わらず、具体的な方向性がみつかっていないのは大変おそまつですが。

 そんなわけで、私のやりたいことの一つをちょっとだけ紹介します。百聞は一見にしかずで、下の写真を見れば、何となく感じてもらえるかなと思います。いずれ作品をためて、ホームページを立ち上げたいと思っています。これを仕事にできるかが問題ですが。

 趣味で、座卓や文机を作っています。
lowtable1
lowtable2


 これは娘に頼まれて作ったテッシュケースです。せっかく作ってあげたのに、部屋に置くと存在感ありすぎ!って言われました。
tissue_case

 こんな一面もまた紹介します。では。


現在、私が受講中のオンライン英会話スクールです。English Teachers On Call
週に1~2回レッスンを受けています。

ラジオ英会話聞いてみました

 敵なお嬢さんからの紹介で、ラジオ英会話初体験しました。まずはCDが手に入ったので、友人のところに向う車の中で聞きながら行くことにしました。

ああ、この人が遠山の金さんじゃなくって顕さんかと思いながら、聞き始めました。7月のテーマはTravelingです。
「NHKっぽいしゃべりやな。」
「なになにを決める。decide onなになに。これって他の言い方ないんやろか? 何か変」
とひとりでつっこみを入れていると、SAY IT!のコーナーがきました。

Ken:「この文です。レッツ、レベルアップ! みなさん」
Tomapapa:「Let's level up!」
と結構大きな声を出して繰り返しました。
Ken:「大いに楽しもうということなんですが、…」
と顕さん、さらに
Ken:「一息5回で口と耳を慣らします。」
Tomapapa:「Let's level up! Let's level up! Let's level up! Let's level up! Let's level up!」
と、さらに大きな声で叫びました。

私の間違いに皆さんもう気づかれたと思いますが、帰ってから本を見て唖然としました。本当は、
「Let's live it up!」
と言ってたのでした。

さらにわかったことですが、「level up」は、和製英語だと英辞郎に書いてありました。
あーあ私は、こんなlevelです。でも勉強になりました。やっぱり本を見ながらやった方がいいみたいですね。それと、運転しながらは、もうひとつ集中できていないので、静かな部屋で聞いた方がいいかなと思います。
でも、この間違いで、印象強く残ったので、これもありかな。
なにわのねこさんごめんね。最初からこんなんで。


 このあいだのログハウスがこんな状態になりました。今日(正確には昨日)、表面の皮を剥きなおしました。4~5日かかるでしょうね。暑いから大変です。
log0

体が火照って寝苦しいかもしれませんが、かなり疲れたので大丈夫だと思います。
では、もう少しCD聞いてから寝ます。



現在、私が受講中のオンライン英会話スクールです。English Teachers On Call
週に1~2回レッスンを受けています。

How do you like the neighborhood?

 校の授業で、地図を見てその場所を英語で説明するというのをみなさんもやられたことがあると思いますが、その時全然できなかったことを思い出しました。昨日のレッスンは、neighborhood mapを見て、その場所を尋ねる質問文と、答えの文を作成するというものでした。苦い思い出があるだけに、今度はしっかり覚えようと思います。neighborhoodって「お隣さん」という意味しか頭に浮かばなかったので、変なイメージだったんですが、「近郊、近辺、近傍」という意味があったんですね。こんなことも分かっていないと全く違うふうにイメージしてしまいますね。

 すこし紹介します。
Write questions about these places in the neighborhood map below.
map.jpg

about gas stations
Are there any gas stations around here?
Yes, there are. There are some on main street.


about hotels
Are there any hotels around here?
No, there aren't. But there are some on Elm street.


about a gym
Is there a gym near here?
Yes, there is. There is one next to a post office.


こんなふうに文章をすぐに作って、スカイプのchatで書き込んで答えるのですが、例があったにも関わらず、最初はどう質問文を組み立てて、どう答えるのか全くわかりませんでした。Zai先生から一生懸命説明してもらって、やっとわかりました。Zai先生は日本語がわからないので、英語でしかやりとりできません。日本語ができる先生がいることを売りにしているスクールがありますが、できないと逃げ道がないのでお互い必死になるのがいいですね。
でも、理解できました。よかった。

これだは、ぜったい覚えるよう言われました。うまく使いこなせるよう、次のレッスンまでに、いくつか文を作ろうと思います。
prepositions
on
next to
across from
opposite
in front of
in back of
at the back of
behind
near
close to
between
on the corner of


現在、私が受講中のオンライン英会話スクールです。English Teachers On Call
週に1~2回レッスンを受けています。

昨日のレッスン

Zai先生とのレッスン。
①VACATIONに関しての会話
赤字が私の答えた文章ですが、実は3ヶ所ほどは、訂正後の文章を載せてます。(恥ずかしい文だったので紹介できません)
Where did you spend your last vacation?
My last vacation was spent in my hometown.
How long were you away?
I stayed there for a week.
Were you with your family?
Yes, I was with my family.
What did you do there?
I talked with my relatives.
How was the weather?
It was a week of sunshine.
Did you buy anything?
I bought souvenirs.
Do you want to go there again?
Of course, I'll go there again.
②Writingの宿題
Write a postcard about your last vacation or about an interesting place you visited recently.
eTOCでは、宿題はBBSに書き込むようになっていて、以外にとすぐに添削してもらえます。
eTOC SCRIBBLER's CLUB
久々に90点もらえました。

③今日は、友人のログハウスの移築を手伝ったので、疲れてほんと眠いです。英会話の紹介はこれくらいにします。寝ます。

移築前の状態です。皮を剥きなおして、別な場所に持っていきます。
log1




現在、私が受講中のオンライン英会話スクールです。English Teachers On Call
週に1~2回レッスンを受けています。

レッスン紹介と今日の出来事

 日(日付がかわったので正確には昨日)のレッスンは家族で出かける前の午前11:00からのレッスンでした。Sahlie先生は、現在中国で小学校の英語講師をされてるそうで、とても明るく、テンションが高いので、あっという間に時間が過ぎます。私がもっとリズムよく会話ができたら、会話が盛り上がるのになあと、詰まる度に思います。

①今日の英会話でのTopic
How are you? と聞かれたら
Pair workで学食で出会った男女が会話している場面を想定して、話を作っていきます。
Hi. How are you?
How do you pronounce your name again?
And how about you? What do you do?
Where are you from?
などといった会話をしていくわけですが、

このとき、
How are you?
と聞かれたあとは
I'm fine.
としか応えが浮かばない自分に進歩がないことを気づきました。

それで先生に、
When I was asked "How are you?", I always say "I'm fine".
What else can I say?
とつたない文章で尋ねたところ、伝わったらしく、
とにかくtrue feelingsで応えなさいと言われました。
思いついた別の応え方が、
I'm great.
I'm tired.
I feel bad.
などで、
ちょっぴり恥ずかしかったのですが「Perfect!」と誉めてくれます。どんなことでも誉められると嬉しいですね。
調子に乗って、
I'm enjoyed today.
と応えると、
I'm enjoying my day.
と訂正させられました。ああ、恥ずかしい。

②午後からは、1週間前に手続きしたパスポートを受け取りに行きました。
その時道端で見つけた「ねじ花」がとても可愛くて、持ち帰って鉢に植えかえました。「ねじ花」ってよく見かける雑草なので下の写真を見ると、ああこれかと思いますが、ラン科だということを知らない人は多いと思います。近くでよーく見ると、蘭の花の形をしているのがわかります。茎がねじれて、小さな花が螺旋を描いているので、「ねじ花」といいます。どうです、可愛いと思いません?
nejibana1nejibana2




現在、私が受講中のオンライン英会話スクールです。English Teachers On Call
週に1~2回レッスンを受けています。

今日のレッスン紹介

 ッスンを始める前に、恒例の如く今日は何をしたか、どうだったのか質問されるのですが、特に変わったことはせず、大したところにも出かけていない私は、I'm fine.としか応えられません。語彙が少ないのが一番の原因でしょうね。このへんの訓練もしていかなければ。

 今日の英会話でのTopic
1. Collocation
Write five sentences using words from the list.
この質問に対しての私の答えの1つが、
I had a lot of fan on the Karaoke party night before last.
でした。
これに対しZai先生のeditがはいりました。
I had a lot of fun on the Karaoke party the other night.
こんなspell間違いは毎度のことです。
さらにnight before lastよりはthe other nightを使う方がいいそうです。ちなみにその前の日の夜は何て言うのですかと質問すると、three nights agoだと教えてもらいました。納得。

2. invite
I invited friends out to dinner. →(友達を夕飯に)誘い出す
I invited friends over to my party. →(友達をパーティに)招待する



現在、私が受講中のオンライン英会話スクールです。English Teachers On Call
週に1~2回レッスンを受けています。

オンライン英会話を始めて良かったこと

 日は、オンライン英会話を始めて良かったことを少し書こうかなと思います。
 「オンライン英会話」というよりは、「フィリピンの講師の方との英会話」という方が、正確かなと思います。私が習っているオンライン英会話は、講師が全員フィリピンの方で、フィリピンからインターネット回線を使って、英語を教えてくれます。

 それまで正直フィリピンのイメージは悪くて、「治安が悪い」「貧困」といった印象しかありませんでした。ほんの一部の富裕層と大多数の貧困層の国であることは間違いないようです。確かにそんな部分もありますが、それはメディアがそんな情報しか流さないこと、日本人がフィリピンのことに興味を抱かないことが原因だと思います。今の日本人の価値観は、お金を多く稼ぐ人間、お金を持っている人間が成功の証しであり、勝ち組だというふうに変わってしまいました。ですから、自分達より豊かでない国には、益々興味を示さないのではないでしょうか。これまで、私もそんな見方でしか捉えていなかったことに、反省してますし、成り上がって勘違いしている日本人を恥ずかしく思います。私が、妻にフィリピンの先生との英会話と聞いて、「ええーっ」と反応を示したのも、こんな価値観の現れでしょうね。

 「フィリピンの講師の方との英会話」を始めて、1ヶ月半ほどなります。一番良かったことは、心がいやされることです。なぜだか分からないのですが、我々日本人が忘れていた価値観を思い起こさせてくれているような気がします。人を思いやること、優しさ、自分よりも家族や親を大切にすること、弱い人に優しく声をかけて励ましてあげること、威張らないこと、明るく生きること、などです。彼女らと話していると、何となくですがこれらのことが、伝わってきます。そのせいで心が癒されるのではないでしょうか。私も精神的に悩んで、51歳で退職してしまいましたが、彼女らのおかげで、マイナス思考に成りがちな私も、前向きになれました。

 次に良かったのは、英語が話せるようになるかもしれない、と思えたことです。以前(15年くらい前)、会社で英語講師を派遣してもらって、英会話を習ったことがあるのですが、とにかく何を話しているのかチンプンカンプン(古い表現かな?)で、半年も続きませんでした。ネイティブな発音がどうしても耳に馴染んできませんでした。先生のほうも分かりやすく話そうとしてくれる配慮はあまりなかったように思います。フィリピンの先生の発音は、教科書的と言うと勘違いされるかもしれませんが、本当に「美しい英語」だと思います。中には訛りがある方もいるらしいですが、オンラインで教えてられる方は大学などで訓練されており、色々なオンラインスクールのホームページの講師の紹介サイトで声を聞く限りでは、皆さん綺麗な英語を話されます。ですから、本当に聞きとりやすくて、beginnerの私が、何となく理解できたのは、このせいだと思います。それに私に気持ちよく接してくれますし、先生と生徒というような上下関係は感じられません。特にアメリカの方だと、こちらが勝手に緊張してしまうのですが、友達と話しているような感じでレッスンがすすみます。

 それから、好きな時間に家でレッスンできること、料金も手頃でたくさんやれること、などありますが、上の2つが私にとっては良かったことです。また、このような話も紹介していきます。



現在、私が受講中のオンライン英会話スクールです。English Teachers On Call
週に1~2回レッスンを受けています。

英会話レッスン紹介

 在私が受けているコースは、General English(一般英会話コース)で、教材は「New Interchange Book1」を使っています。最初は「SIDE by SIDE」にしようか迷ったのですが、自分の感覚でおもしろそうに思えた方で選びました。eTOCのHPでSampleを見ることができたので、少し難しいかなと不安を感じながら教材を購入しました。

 昨日の英会話でのTopic
1.豪雨の音
昨日の英会話の途中で、「ドドーッ」という物凄い水が流れるような音がするのでびっくりしました。この時、フィリピン(マニラ)には台風が来ていて、豪雨の音だったのです。Zai先生は、skypeで雨マークを5つほど並べて笑っていましたが、こういうアクシデントも、オンライン英会話のもうひとつの楽しさです。

2.意味不明の言葉
「soap operas」、泡のオペラ?、まったく意味がわからなかったのですが、先生から、daily dramaを例に説明してもらってやっと理解できました。いわゆる「連ドラ」のことですね。

3.「stand」の別の意味
「stand」という動詞に「~を我慢する」という意味があることを、初めて知りました。中学校で習ったっけ?
ロックグループのThe Cranberriesについての会話で出てきました。
 A: I love their music. How about you? Do you like them?
 B: No,I don't. I can't stand them.
つい、I don't like~と言ってしまうのですが、①I can't stand~、②I don't agree on~、などといった表現は今の私には即座に出てきません。英語は難しい。

4.「would you like to~」~しませんか、~したいですか
 Would you like to go out on Saturday night?
  Yes, I would.
  Yes, I'd love to. Thanks. ⇒ 'I'dってI wouldの略なんですね。
  Yes, I'd really like to go.
 Would you like to see a movie?
  I'd like to, but I have to work late.
  I'd like to, but I need to save money.
  I'd like to, but I want to visit my parents.




現在、私が受講中のオンライン英会話スクールです。English Teachers On Call
週に1~2回レッスンを受けています。

英会話開始まで(3)

 る日曜日、妻が、
「私が予約したレッスン、どうしても都合悪くてできへんからあなたやる?」
と言ったので、
「そんなの急にやれって言われても、準備があるし、すぐにやれるわけないやん」
と言い返そうとすると、それをさえぎるようなタイミングで、
「eTOCは30分前にキャンセルしておかないとキャンセルできないんで、やっといて。10時になったら、呼び出しかかるし、緑の受話器のボタンクリックするだけ。じゃね。」

そう言って出かけてしまいました。

 あとでわかったことですが、会員以外の人間が、家族であっても急に代わりにレッスンを受けることはできなくて、実はこの時は妻が私に黙って体験レッスンを申し込んでいたのでした。どうしてもやらせたかったらしいのです。
 そうとは知らず、私もこんなsituationでは「しゃあないな」と思ってしまう性格で、まんまとその策略にのらされてしまいました。


 久しぶりに英語を話しました。当然、全く自分のことや、気持ちを伝えることができず、ひや汗をたっぷりかいて終了しました。Hearingは、先生の方が気を使ってゆっくりと話してくれたので、なんとなくですが理解できました。とにかく、自分のことを全く伝えることができず、当然語彙も少ないので、簡単な単語を並べているだけ(I am ~、I like ~)で終わりました。本当に情けない。
 終わり際に先生(私の娘と同じ年齢のAlyne先生でした)から、
「次のレッスンでは、もう少し詳しい自己紹介をしてね。」→たぶんそんな感じに聞こえました。
と言われたので、当然okeyと言ってしまいました。結局、このまま今に至ったわけです。

 オンライン英会話初体験の印象は、自己嫌悪が9割だったのですが、よかったのは、これなら自分もしゃべれるようになるかもしれないと思えたことです。それと、結構楽しかったこと、心が癒されたことです。この気持ち何なのでしょうね。へたくそな私の英語に快くついてきてくれたからでしょうか。

 ちょっと大雑把な流れでしたが、こんな感じで私の生活の一部に英会話が加わりました。決断力に乏しい私の、人生にアクセントをつけているのは、いつも妻です。



現在、私が受講中のオンライン英会話スクールです。English Teachers On Call
週に1~2回レッスンを受けています。

英会話開始まで(2)

 ンターネットの世界で無料通話(いわゆるスカイプ)ができることは、このブログを見られている方なら当たり前のことかもしれませんが、私には本当に驚きでした。できたとしても、音質やタイムラグなどの問題があるものと思っていましたが、これも予想以上にスムースな会話ができるんですね。この日から、出会う知り合い全てに、このことを言いふらしました。Determinersで言うと"a lot of"くらいの人は知っているだろうと思っていました。ところが、私の年代でしたら、インターネットをやっている人でも"a few"程度でしょうね。知っている人も、普段の会話でわざわざコンピューターを立ち上げて、今から呼び出していいですかと言って、会話を始めるというようなことは、タダでもやらないみたいですね。とにかく意外に知らない人が多いですね。
 それから、恥ずかしながらフィリピンの公用語が英語だということも、知りませんでした。学校の授業も英語で行われて、映画も字幕なんてないそうです。フィリピンの方々には失礼ですが、どうせ訛りがひどいんだろうと思っていました。それも誤った固定観念でした。年齢や個人差によって差はあるのかもしれませんが、私がこの1か月ほど、いろんな先生とデモレッスンを受けた印象では、訛りは気にならなくて、殆どの先生が聞きやすい、美しい英語を話されます。個人的には、女性の方が発音がきれいな印象があります(女性の先生が多いせいでしょうね)。以前、オーストラリアの方が会社に商品のプレゼンテーションにこられたことがありましたが、この方は特別訛りがひどかったのか、本当に聞き取りにくくて、それが気になってどんな商品だったのか覚えていません。とにかく、フィリピンの方が教科書的な美しい英語を話すことに、本当に驚かされました。フィリピンの方々、認識が低くて申し訳ありませんでした。

 ここで妻の話に戻ります。妻はこのインターネットを使った方法で英会話を始めてから、みるみるうちに上達を見せました。3か月くらい経った頃は、自信をつけたのか、自分でもしゃべれるようになったと明言するようになりました。おそらく、これまでの布石(相当のお金をつぎ込んでいますから)があったからだろうとは思いますが、きっかけになったのが、この方法だということは間違いないみたいです。その効果を実感したのか、「あなたもやってみれば」攻撃が始まりました。この頃は、まだフィリピンの方の英語力の実情を知らなかったし、疑心暗鬼なところもあったので、「そのうちに考えるよ」で抗戦していました。



現在、私が受講中のオンライン英会話スクールです。English Teachers On Call
週に1~2回レッスンを受けています。

英会話開始まで(1)

 6月から妻のすすめで英会話をやりはじめました。英語は全くの苦手で、これまで特に必要にかられることはなかったので、できればいいなあと思うくらいでした。妻には以前から「あなたもやったら」と何度も声をかけられていたのですが、どうせだめだろうという気が先に立って、どちらかというと避けていたのが正直なところです。今回は半ば強制的にやらされた感じです。

 妻は、某英会話スクールで10年以上も前から英会話を習っていました。かなりのお金をつぎこんでいたようです。私から見ていても一向に上達は見られず、これだけ金をかけてしゃべれないのなら、やめればいいのにと思っていました。本人もなかなか上達しないことに、よく落ち込んでいました。英語の好きな人間がこんな状況なら、私には到底無理だと思うのが自然じゃないでしょうか。

 そんな妻に転機が訪れたのは丁度一年前、昨年の7月頃です。妻はそれまで通っていた英会話スクールを解約して、インターネット回線を利用したオンライン英会話をやり始めました。私は、その状況を横から興味深く眺めていたのですが、とにかく驚いたのは、こんな便利なやり方があるのかと、インターネットの世界の進歩に感心しました。国際電話が無料というのは、どういうこと。これが一番驚かされました。それともうひとつ驚いたことは、会話をしている相手がフィリピンの先生だということです。フィリピンの先生ってどういうこと、英語がしゃべれるの、うまいの。妻には驚かされることばっかりです。とにかく、当の本人はその日から機嫌よくコンピューターと向き合って、楽しそうに会話しています。会話中は笑い声が絶えません、何がそんなに面白いんだ。何がそんなに楽しいんだ。


現在、私が受講中のオンライン英会話スクールです。English Teachers On Call

Home > 2008年07月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top